ロールケーキの端っこ

我が家は毎年、クリスマスにはロールケーキを作ります。

いちごのロールケーキです。
クリームは、カスタードと普通の生クリームを混ぜてつくっていて、
このバランスが絶妙で、おいしい。
配合はひみつです。
ここで、我が家のロールケーキが出来上がる様子を見てみましょう。

まず、スポンジを焼きます。

f:id:paulowniatomentosa:20161224140738j:plain

クリームを作ります。

f:id:paulowniatomentosa:20161224140744j:plain

クリームとイチゴをのせて巻きます。

f:id:paulowniatomentosa:20161224140746j:plain

f:id:paulowniatomentosa:20161224140750j:plain

できました。おいしい!

 

さて、作っていく工程の中で、ロールケーキのスポンジを巻く前に、巻き終わりになる辺を斜めに切り落とします。

(参照)基本のロールケーキ | お菓子づくりのきほん | cuocaクオカ

この切り落としをつまみ食いするのがとっても好きです。
ケストナーの『飛ぶ教室』で、マッツが「お菓子のくず」というのを食べるシーンがあるのですが、この端っこを食べる時はいつも「お菓子のくず」ってこんな感じなのかな、と思います。
(ちなみに「お菓子のくず」は高橋健二さんの訳での言葉です。)

ところで「お菓子のくず」って本当は何なんでしょうね。


エーリヒ・ケストナー作/高橋健二
ケストナー少年文学全集4 『飛ぶ教室

ケストナー少年文学全集 全9冊セット - 岩波書店