この本は「いつか読もう」

大学に向かうために電車に乗っていたら、隣に白髪のおばあさまが座った。

その方が、カバンから一冊の本を取り出して読み始めた。

なぜか、その本が視界の片隅をかすめた時にハッとして、目の端っこでもう一度見てみたら、ちょうど前日に「いつか読もう」と思った短編の物語だった。

村上春樹の「蜂蜜パイ」という作品。

 

私が読もうかな、と思っていた本を、たまたま電車で隣り合った人が読んでいる、という状況にとても胸が高まった。

私の未来にある「いつか」が、隣に佇んでいるようだった。

その「いつか」は、私がおばあさまのような年齢になったときかもしれないし、この胸の高まりが収まらないうちに読むのかもしれない。

ひょっとしたら、「いつか」と思ううちに忘れてしまうかもしれない。

 

私より先に電車を降りていった彼女の後ろ姿を、そっと見送ったあともドキドキして、膝の上で開いていた英単語帳の文字の上に目を滑らせていた。